しんのみ畑 多古町旬の味産直センター

HOME
>
NewFarmers

俺たち New Farmers‼

 

新時代の 多古町旬の味産直センターを担う 若い生産者たち

香取市 高橋秀明  (初代青年部長) 

Hideaki Takahashi

 1本1万円のさつま芋を

 銀座で売るぞ!

 

 香取市福田で、さつま芋やじゃが芋をつくっています。
 銀座で、1本1万円で売れるような、多くの人に

 支持されるさつま芋づくりを展開していくつもり。
 これからの活躍を見ていて。

 

 

多古町 高橋芳文 (青年部長)Yoshifumi Takahashi

 これからの農業は

 俺たちにまかせろ!

 

 多古町次浦で、椎茸をつくっています。

 子どもが食べないといわれる椎茸ですが

 子どもだって大好きになる椎茸をつくりたい 

  これからの俺たちの活躍に期待してください!

 

 

旭市 角崎真琴

Makoto Kakuzaki

 どんどん美味しい野菜を

 お届けします

 

 20 歳で農業を手伝い始めて、もうすぐ10 年。

 ミニトマトの新しい品種も含めて、

 消費者の人に魅力を感じてもらえる野菜を
 どんどんつくっていきたいと思っています。

 

 

多古町 ゆうふぁーむ

森泉智史 川嶋健次 境野心作  

Shinsaku Sakaino

Kenji Kawashima

Satoshi Morizumi

  やる気のあるNewFarmer

 一緒に農業を盛り上げよう

 

 農業に縁のない都会から、ゆうふぁーむに飛び込んだ
 俺たち。昨年、共同経営者として新たな一歩を歩み始
 めました。地域と農業を守り発展させていくため、
 意欲があれば誰でも歓迎。
 一緒に時代を切り拓いていこう!

 

 

香取市 玉井春樹

Haruki Tamai

  やってみたら

  農業は面白い仕事だった

 

 香取市でさつま芋とじゃが芋をつくっています。
 自分でやってみたら、農業はすごく面白い。
 いずれは、「千葉に玉井あり」と言われるような
 農業者になりたい。

 

 

旭市 嶋田順平

Junpei Shimada

 NewFarmers仲間と

 力を合わせてやっていく

 

 太平洋を見晴らす旭市の高台で、
 大根やレタス、キャベツ、メロン、ねぎなどをつくって     います。 

 若い仲間は、みんな面白い。
 一緒に力をあわせて、楽しく農業をやっていきたい。

 

 

 

多古町 菅澤直人

Naoto Sugasawa

 米を中心に未来型の農業を

 展開していくぞ

 

  自分はこれから米づくりに力を入れたい。
 地域の生産者が高齢化して、
 耕作しなくなる田がたくさんでるので、
 自分たち若者で集約して、大規模にやる農業を目指したい。

 

 

旭市 小林篤史

Atsushi Kobayashi

 子どもたちが憧れるような

 農業をやっていきたい

 

 旭市の干潟で胡瓜やトマト、米をつくっています。
 作物に対して細やかな心配りを常に怠らず、
 農業を、子どもが憧れるような仕事に
 発展させる活動をしていきたい。

 

 

匝瑳市 小川裕也

Yuuya Ogawa

 消費者の人たちとのつながりも

 自分の力で切り拓いていく

 

 16 歳で手伝い始めて、農業歴はもう15 年以上。
 いまでは、農業は楽しいと思います。
 これからは農産物の売り先も自分で拓いて、
 さらに楽しく農業をやっていきたい。

 

 

匝瑳市 加瀬俊彦

Toshihiko Kase

 名前で買ってもらえる

 生産者になるぞ!

 

 「加瀬」という自分の名前で、
 消費者の人が安心して買ってくれるような
 農産物づくりを目指したい。
 規模もどんどん拡大して、

 生産力も高めていくつもりです。

 

 

 

多古町 小嶋邦正

Kunimasa Kojima

 伝統の家業を受け継ぎ

 さらに発展させていくぞ

 

 家業であるキノコづくりという農業を継いで、
 この仕事を将来に向けて守っていきたい。
 生産現場ももっと大きく拡大して、
 発展していけるよう努力したいと思います。

 

 

芝山町 瀧澤直紀

Naoki Takizawa

 栽培計画を徹底して

 規模の生きる農業をしていく

 

 芝山町で大規模に野菜類を栽培しています。
 これまで通り、栽培計画や管理を徹底的におこなって、
 大きな規模の農業をさらに展開し、
 新たな活動をしていきたいと思います。

 

 

芝山町 堀越裕介

Yuusuke Horikoshi

 変化の激しい時代だけど

 行動力で対応していく

 

 農業を取り巻く環境や状況が、
 大きく変化していくこれからの時代。
 どんな変化にも適切な行動で柔軟に対応して、
 結果としてよい農産物が生産できるようにしていきた い。

 

 

 

旭市 野口嘉之

Yoshiyuki Noguchi

 早くひとり立ちして

 よいミニトマトをつくりたい

 

 子どものころから見てきた家の農業。
 自分でやってみると、いろいろ困難があって難しかった。
 よいミニトマトづくりを心がけ、
 一人でも生産できるようがんばりたい。

 

 

 

芝山町 萩原典幸

Noriyuki Hagiwara

 子どもたちが安心して

 食べられるものをつくります

 

 自分の子どもも、まだ小学1年生と2歳半。
 同じような小さな子どもたちが安心して食べられる、
 お腹いっぱい食べられる野菜や米を
 つくっていきたいと思います。

 

 

 

香取市 伊藤慎二

Shinji Ito

 すべてのひとの「土台」となる

 「食」をささえていくぞ

 

 佐原の台地で、さつま芋、大根などをつくっています。
「この人のつくったものなら安心」と
 言われるような農産物をつくって、
 信頼される農業をやっていきたいと思います。

 

 

 

山武市 仁田和男

Kazuo Nitta

 地域の人たちとも結んで

 面白い農業を展開していく

 

 太平洋に面した蓮沼でニラ、小松菜、
 ブロッコリーをつくっています。
 地元の商工会の人などともネットワークを広げて、
 いままでになかった農業を広げていくつもりです。
 

 

 

 

八街市 田上雅一

Masakazu Tagami

 美味しいものをつくって

 お金もかせぐぞ

 

 子どもも2人いるし、
 がんばらないといけないと思っています。
 これからいろいろと勉強して、美味しくって
 消費者の人に支持される野菜をつくっていきたいです。

 

 

 

八街市 實川稔

Minoru Jitsukawa

 いつまでも続く農業を

 やっていきたい

 

 八街で6ヘクタールぐらいの畑を耕し
 人参などをつくっています。
 なるべく人手がかからないよう持続可能な農業で、
 安全、安心な食べものをお届けしていきたいと思いま す。

 

 

匝瑳市 堀澄洋泰・恵子

Hiroyasu・Keiko Horizumi

 大規模経営で

 農業を安定させていきたい

 

 親の代から、法人経営で長ねぎと小ねぎを栽培しています。
 兄妹で消費者の方たちとの結びつきを強く、
 欠品など出さないよう、
 安定した生産を築いていきたいと思っています。